ずごっくの日記

カテゴリ:リアルな身の上話 > 第三部 実社会と仕事の再構築

FullSizeRender


ジーク・ジオン!





諸君らが愛してくれた、ガルマ・ザビは死んだ!

なぜだ?!





おはようございます。ずごっくです。

圧倒的じゃないか、銀河さん
もはや、リアルギレンだな (。-`ω´-)


さて、ボチボチ再開していきたいと思います。

リアルな身の上話 第三部

先に書いておきましょう。

第三部も、時間をかけて丁寧に進めます

そう腹をくくらないと、また同じ事の繰り返しになる。
と言うのも、

うつが軽く再発しました

ちょうど前回の通常記事をアップした前後の頃です。

ものの見事に起き上がれなくなりました

ただ今回は、2、3日寝込む程度の軽い症状で済みました。
早めに回復できて良かった。

それでも、ここ数ヶ月続けてきた、通勤シュミレーションは完全にストップです。

2018.07.16.02


あぁー、、、 まいった( ゚ ρ ゚ )


こんなに簡単に再発するとは、、、
そして、ハッキリと自覚しました。

うつは完治していない

いつものイメージ図です。

2018.07.16.01

このイメージ図ですが、名前をつけました。

ずごっくモデル

これはもう使わないだろうなー、と思っていたのですが、完治していないとなると使わないわけにいきません。

そして、ご覧の通りです。
原因と同様の出来事が起こってしまい、「心」が一瞬にして悪い方向へ走り出してしまいました。
それにつられて「頭」も「体」も、これまた一瞬にして悪い方向へ引っ張られて行った感じです。

今回の直接的な原因となった出来事ですが、またこのパターンです。

履歴書を送った会社から、いつまで経っても返事が来ない

またこれかよ、、、
求人票には、「到着後1週間程度で返答」とあるのに、まったく音沙汰なし。
いつまで経っても、何の返事も届きません。
Yes なのか、No なのか、わからないのは当然ですが、待てばいいのかもわかりません。

返事がないから身動きが取れない


(。-`ω-) イライライライライライラ


そして催促
そして落ちました


グッタリ( ゚ ρ ゚ )
落とすならサッサと落としてくれ!
待ってる時間が無駄!


これまで、何度か似たようなパターンを書いてきましたが、こういうのが 一番疲れる

だいたいこういう時というのは、決裁権者が優柔不断とか、その程度の話なんですよ。
そんなの求人を出す前に、イメージを固めておいて、サッサと処理してくれよって話です。
ってか、何でもいいから返事くらいしろよ。

こんなのは、もうウンザリだ

ただこういうパターンってのは、実社会では よくある事 なんですよね。
この先社会復帰していけば、同じような出来事は、今後も起こってくるはずです。
こんな事で、イチイチ再発してたらキリがない。

そこで、こういうパターンの場合の 対策!
どう考えれば良いのかは、わかっています。

入社しても、どうせ上手くいかない

返事がなければ、コミュニケーションの取りようがない。
これでは、何か問題が発生しても、解決が先送りになるだけです。
そんな会社に入社してみても、結局同じ事の繰り返しになるだけ。
従って、こういう会社とは、

最初からご縁がなかった

早めに、そう割り切ればいいんです。
そして、そういう連中とは、関りを持たない。
そんな連中は、

あえて言おう、カスであると





あぁー、クソったれがぁー( ゚ ρ ゚ )
何様だアイツらぁー( ゚ ρ ゚ )
頼むから一度死んでくれよぉー( ゚ ρ ゚ )


ところが、ここで厄介なのが、

頭でわかっていても、
心の切り替えが、まだ上手くできない


「気持ちを切り替える」といった「心」の機能が、一度折れちゃってるわけです。
今でもこの辺がなかなか上手く切り替える事ができなくて、どうしても時間がかかってしまいます。


あぁー、まいった( ゚ ρ ゚ )


こうして考えてみると、まだまだ、

再発の危険性が残っている

という事になります。
そんなわけで、

いったん履歴書を送るのを、全てストップしました

正直、同じ事の繰り返しになるのが怖いです。
とてもじゃないけど、今のままではこれ以上進めない。

確証がないと身動きが取れない

再発の危険性がある以上、危ない橋は渡れません。
なんとなくいけるかもしれないという程度では、怖くて進む事ができません。
となると、前回までのこちらの予定も完全にストップです。

2018.07.16.03


あぁー、まいった( ゚ ρ ゚ )


そこで今週は少し、現状の再確認 をしていこうと思います。


明日へつづく・・・


おまけ画像:ジーク・ジオン!

2018.07.15.01


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


FullSizeRender


自分の事よりアイリの身を案ずるとは、、、
まだ年端もゆかぬ子どもなのに、、、
それを、、、こんな目に、、、

この悪魔め 許さねぇ

てめぇら てめぇら





てめぇらの血は
なに色だぁぁあーっ!! ( ゚Д゚)



おはようございます。ずごっくです。

大人になったら、南斗水鳥拳が使えるようになると思っていました。


では、昨日の続きです。

現状の再確認

まず、いつもの時系列表からいきましょう。
これも今年5月頃に作り直してしまいましたので、もう使わないだろうと思っていました。
再発するんじゃ、しょうがない。
もう一度、ここから見直しです。

2018.07.17.01

こちらは、過去の出来事や、取り組みなどをまとめた時系列表になります。

この経緯を、おさらいしておきましょう。
今から約2年3ヶ月前の、2016年4月頃、うつ という病を患ってしまいました。
そこから今現在に至るまでの間、ずっと仕事を休んでいます。
ただ今年2月頃には、医師から「就労可能」の診断をもらい、社会復帰 に向けて日々様々な取り組みを行っている最中です。

このブログで「リアルな身の上話」のシリーズを書いていく事も、その取り組みの一環として行っています。

 ■ リアルな身の上話
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事

そもそも、うつって何か?
わたしにとっての正解は、心の複雑骨折 です。
このイメージに基づいた療養プランが、以下の通りです。

07

直近の第二部を書き始めた頃は、このプランの第四段階を進めていました。
この中の、うつを患った原因を探る という事についてですが、ずごっくモデルにすると、以下のようなイメージになります。

2018.07.17.02

原因の壁 が、頭と心が良い方向へ進むのを阻んでいます。
この原因について、自分の中で決着 をつけていかないと、これ以上良い方向へは進めないという状態でした。

当時、具体的にどう進めなかったのかと言うと、

履歴書が書けない

わたしの場合、うつを患った直接的な原因は、仕事上の出来事です。
この為、仕事の事を思い出すだけで、胸が苦しくなって、起き上がれなくなってしまう、、、
ところが履歴書を書くには、どうしても過去のイヤな出来事を、思い出さなくてはいけません。
その都度、軽い再発を起こしてしまうようでは、履歴書が書けない。
ましてや面接など、できるわけもない。
そこで、その出来事を自分の中で整理して、決着をつけていかなければ、前に進めないという事ですね。


この「決着をつける」という事については、第一部を書き終えた時点では、もうほとんど済んだ事だと思っていました。
ところが、実際に履歴書を書きながら、第二部をあれこれ書き進めてみると、そんなに単純な話ではありませんでした。
骨折してしまった部分が、想像以上に複雑に折れていた為、再度「原因の壁」と向き合わざるを得なくなってしまったというわけです。
そして、このブログに様々な出来事を書いていく事によって、この問題の頭の整理を進めていきました。
結果、第二部は「うつを患った原因」をまとめていく事になりました。

これはいつの間にか、心の外科手術 のような取り組みになっていました。
正直、キツかったですよ、、、
自分で自分の心をえぐって、原因を探っていく作業ですからね。
更に、それをあるべき形に整えていく必要もあります。
この過程では、綱渡りをしているような時期もありました。
それでも最後には、なんとかその綱を渡り切る事ができたと思っています。


先ほどの時系列表を更に遡って見てみます。
ちょうど昨年の今頃、勤めていた直近の会社に対して 損害賠償請求 をしています。
直接的な原因となった出来事、パワハラ について、わたしは間違っていないという事を、会社側に認めさせる必要があったからです。
会社がわたしに強行した「合意のない減給」は違法であり、「安全配慮義務」を放棄した行為である。
こういう事が納得できないと、この先の人事の仕事ができない。
これもつまりは、「決着をつける」という目的で行った事です。

念の為もう一度書いておきます。
このような「会社を訴える」というような事は、うつを患ってしまったら本来すべき事ではありません。
実際、昨年の今頃は、毎日毎日かなり苦しい思いをしてきました。
本当に生きた心地のしない日々でした。
これ以外の事は、まったく何も手につきませんでしたからね。
それでも、なんとか決着がついたのは、会社側の顧問弁護士の先生のおかげです。
長いつき合いという事もありますが、とても親身な対応をしてくれた事に、たいへん救われました。

あの先生じゃなかったら、今頃どうなってただろう、、、
考えるだけでも怖ろしい、、、


ついでに、昨日の「返事がない」という件を、もう一回整理します。
この頃、会社側の顧問弁護士の先生は、わたしの問い合わせ等に対して、必ず何らかの返事をしてくれました。
当時の資料をパラパラと見てみると、

わかりました。会社に確認します。

これだな。
たったこれだけの返事で、こちらは安心するんですよね。
すぐに答えが出なくても、こちらの意思は伝わっている。
この安心感です。

さすがだな
押さえる所は押さえている

結局、信頼というのは、こういう事の積み重ねだと思います。
従って昨日の件は、まったくお話にならない。

まったく誠意がない

誠意のない事を重ねていけば、不信が積み重なるだけです。

積み上げた事しか、結果にはならない

不信を積み上げたのならば、そこには不信しか残りません。
そして、一度積み重なった不信は、そう簡単には拭い去れない。
なぜなら不信というのは、マイナス要素ですから。
それをなんとかしようと思ったら、まずはそのマイナスを埋めないといけません。

マイナスは、それを埋めて初めてゼロです

信頼というプラス要素を積む重ねるのは、マイナスを埋めたその後の話です。
これには、それなりの時間がかかります。
もう最後の最後の結論は、見えていますよね。

そんな連中とは関わらない


あぁー、クソったれがぁー( ゚ ρ ゚ )


さぁ、ここで、人のフリ見て我がフリ直せ です。

そんなカスには、ならない

よし、頭の整理はこれで良し。


ずっと、こんな事の繰り返しです。
こうやって「原因の壁」と向き合い、少しずつ決着をつけてきたというわけです。
なかなか思うように進まない事が多いんですけどね。
それでも今は「原因の壁」は、だいぶスッキリしてきました。

2018.07.17.04

ところが、まだうつは完治していない。
この先また再発した時には、また同じように「原因の壁」と向き合わなくてはいけない。

こうやって考えてみると、先ほどの時系列表を作り直したのは、時期尚早でした。
もうしばらくは、このままにしておいた方が良さそうです。

そして、ここまでやって、ようやく得られた成果が、

履歴書を書く事ができた

そんなもんですよ。
これだけ時間をかけて、いろいろやってみた成果がこれです。


そもそもの話なのですが、最近たまに、

こんな事を続ける事に意味があるのか?
ここまでの進め方は正しかったのか?
もっと早くなんとかなる方法が、あったんじゃないのか?

そう考えて気分が落ち込む時があります。



・・・



否、始まりなのだ!

これまでの取り組みの、どれ一つ取ってみても、避けて通れない事ばかりです。

どれ一つ欠けても今はない

そう、つまり、

今が最短距離を進んでいる

この認識をシッカリと持っておかないと、また同じ事の繰り返しになる。

退かぬ! 媚びぬ! 省みぬ!





我が名は、聖ネカマ帝ずごっく
退かぬ、媚びぬ、省みぬ (。-`ω´-)


そして更に、次の段階です。
原因の整理はスッキリしてきたものの、まだフルタイムで働いていく自信がない。

「心」がどの程度回復しているのか、わからないからです。
なにしろ「心」は見えませんから。

そこでここ最近は、短時間の仕事を中心に、ハローワークなどの求人に応募してきたという事になります。
ところがこれが、想像以上に何も進まない。

とにかく、履歴書が通らない

アルバイトも派遣も全部ダメです。
バイトの1件くらいなんとかなるだろうと思っていましたが、まったく甘かった。
そして、履歴書が通らない理由もわかっています。

約2年3ヶ月間のブランク

当然そうなりますよね。

こうなってくると、「原因の壁」とは違った、新たな壁 としてキチンと認識して向き合わないと、これ以上はどうにも進みそうにありません。

では、その新たな壁とは何か?

それは、実社会の壁

2018.07.17.03


明日へつづく・・・


おまけ画像:今週はヤイコウィーク

2018.07.15.03


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


FullSizeRender


クリリンのことか?

クリリンのことかぁぁぁああ?!





おはようございます。ずごっくです。

死にかけて、立ち直るたびに強くなる
あのサイヤ人のようにな (。-`ω´-)


では、昨日の続きです。
まず、昨日のずごっくモデルをもう一度。

2018.07.17.03

ここから、現状の再確認 をスタートしていきます。
目標はもちろん、全てのパーツを良い方向へ持っていく事 ですね。

まず、実社会の壁 そのものの具体的な内容については、後回しにします。
これを書き始めるとキリがありません。
そして、それに対する取り組みも後回しです。
これも一朝一夕には、どうにもなりそうにありません。

では、どうするのか?

そんな時は、あれしかないですよね。
そうです。
うつと向き合う上での基本姿勢、

できる事から段階を踏む

わたしもはや、うつの療養に関しては、プロの領域に入ってます。
(。+・`ω・´)キリッ

ここからは大事なところなので、丁寧にいきます

まず、わかりやすいのが、 ですね。

先に少し補足しておきます。
この「実社会の壁」ですが、体の部分からは外れています。
体に対しての影響はないのか?という事ですね。
試しに作ってみましょう。

2018.07.18.07

これが正しいのではないか?
しかし、わたしの場合は、実社会から体に対して何らかのストレスを受けているわけではありません。

上図が具体的にどのようなケースに当てはまるのかと考えると、本当に腕や足などを骨折してるようなケースです。
骨折していた場合は、歩くだけでも物理的なストレスを受けますよね。
電車に乗るのも一苦労です。

あるいは、田舎や外国に引越して、生活環境が大きく変わったケースなんかもそうです。
田舎や外国は車社会です。
車が必須の生活は、都会の生活とは、まったくの別物ですから。
こういう別物の環境に慣れるまでには、どうしても物理的なストレスを受けてしまう。
逆に都会に引越してきた場合も同じですよね。
都会の電車中心の生活は、慣れるまでは物理的なストレスにだいぶ苦しみます。
新宿の駅とか、、、
今でも道に迷って、無駄に遠回りする事があります。
体がストレスを受けていますよね。

このように、実社会から何らかの 物理的なストレス を受けるのであれば、上図のようになります。

しかし、わたしの場合は、体の機能そのものに異常があるわけではありません。
わたしの通っているクリニックでは、定期的に血液検査をやってくれます。
最近の検査でも、特に異常はなかったそうです。
また、うつを発症する以前からの生活環境を、大きく変えてはいません。
生活環境の変化から、物理的なストレスを受けるような事もないわけです。
従って、わたしの場合は、実社会の物理的なストレスは、体に対して影響がないという事になります。
この為「実社会の壁」は、体の部分から外しています。

ちなみに、都会で一人でうつの療養をしていると、田舎に戻った方が良いのではないか?とよく言われます。
一時的に帰省して休むのであれば、確かに良い療養になります。
自然は豊かだし、この子達もいますからね。

08

しかし今は、ただ休めば良いというような段階ではありません。
社会復帰を目指して、生活を立て直そうと思った場合には、無理に生活環境を変えてしまうのは逆効果だと思っています。
なぜなら上図のように、物理的なストレスが増えてしまうからです。
田舎の生活には、都会の生活とはまったく別物の、それなりのストレスがありますから。
今ここで、あえてストレスを増やすのは得策ではありません。

わたしは東京に出てきて、20年が経ちます。
すでに東京の生活の方が慣れています。
まずは、今の生活環境で社会復帰するのが最優先です。
田舎に戻ればなんとかなる、というわけではありません。


それでは、体を良い方向へ持っていきましょう。

2018.07.18.06

規則正しい生活をする

基本中の基本ですね。
実は「規則正しい生活」自体は、ずっと継続できています。
夜は10時11時くらいにはちゃんと眠れていますし、朝は5時6時くらいにはちゃんと起きています。
ここだけは絶対に崩すまいと、死守してきました。
と言うのも、一番怖いのが、このパターンです。

夜眠ろうとしても、全然眠れない
どうしても眠れなくて、バッと起きて時計を見ると、
あぁー、、、もうこんな時間、、、

そう、不眠の再発 です。
これは働いていた頃、長年苦しんできた症状です。
一度この悪循環にハマってしまうと、元に戻すのが本当にたいへんです。
なんとしても、この悪循環に陥るわけにはいきません。
そして今回、なんとかそれを阻止する事ができました。
これも実は、

入眠剤を飲んでますから

これのおかげで、なんとかなっているというのが本当のところです。
ここ最近、お医者さんと相談しながらですが、他の薬はだいぶ減らしています。
それでも普通の日常生活を送る事ができています。
完治はしていませんが、回復してきているのは間違いありません。
ところが、入眠剤だけはどうしても怖くて減らす事ができません。
怖いんだから、しょうがない、、、
これを減らしていくのは、まだまだ先になりそうです。

そして、通勤シュミレーションも、今現在は再開しています。


次に、

2018.07.18.02

はい!出ました! DQX

今年前半は、ずっと MHW ばかりやっていましたが、ここ最近では DQX の日課と週課を再開しています。

MHWは飽きちゃった (。-_-。)

日課、週課だけではなく、その他の事もボチボチ進めています。
例えば、これ。

2018.07.16.05

先日、ようやく元帥になりました。

大元帥は、ちょっとw
スパスタとか使えないしw


この先、実社会の壁と向き合っていく取り組みを、していかないといけません。
しかし、

現実の世界というのは、努力が必ずしも報われるとは限らない
しかしゲームなら、いつか必ず努力が報われる


心のバランスをとる為には、現実とは別の時間軸を作って、充実感や満足感を得る必要がある。
現実ばかりの日々では、確実に頭と心は、悪い方向へ跳ね返って行きます。

2018.07.18.05

こうなる事を防ぐ為に、DQX の日課や週課をやっておかないと、

冗談抜きで危ない

こういうのは、本人にしかわからない感覚だというのが、なんとももどかしい。

ここまでを、時間割表にまとめてみます。

2018.07.18.03

今現在は、この再発する前の状態に、なんとか戻す事ができています。
また崩れてしまわないように、気をつけないと、、、


そして、実社会の壁 に向けた取り組みです。

2018.07.18.04

時間割表だと、ここですね。

2018.05.17.02

これについては、まったく新しい取り組み を始めようと思っています。
ただこれ、これから始めようと思っているところですので、まだここに書いていけるような状態ではないんですよね。
本当は、明日明後日くらいで、書いていきたいところだったんですけれど、なかなか思うようには進んでいません。
これは、もう少し進んだところで、まとめて書いていきたいと思っています。


ε=( ̄。 ̄;) フゥ-


今日の時点では、こんなところですかね。

それにしても、、、

今回の再発は、軽度とは言え、それなりにたいへんでした。
元の状態に戻すまでに、約2週間かかりました
たった2、3日寝込んだ程度でも、これだけ時間がかかってしまいました。
寝込んだ期間の、約5倍の時間がかかってます

これが、本格的に「心」が折れてしまうような再発だった場合、本当に最悪です。

また、2、3年潰れてしまう

そして単純計算でいくと、元に戻すまでに、

12、3年はかかります

わたし今、42歳と半年くらいです。
この計算でいくと、

55歳くらいまでの時間が、ほぼ確実に潰れる

これ、大袈裟でもなんでもないですよ。
実際に10年単位で、苦しんでおられる方がいるんですから。

だったら、いっそ全て終わりにする?

そういう究極の選択肢だって出てきてしまう。
それを、頭で考えるのではなく、心が勝手の望んでしまうから怖ろしい。
うつって、そういう病です。

また、加害者にそのつもりがなくても、いつの間にかそこに追い込まれているような時だってあります。
そんな時の被害者は、抵抗する事を考えられない程、弱っています。
そして、そんな状況を誰かに話す事すらできない。

言葉は凶器です

わたしは、そうやって殺されるくらいなら、自分の身を守る道を選びます。
自分で全てを終わりにするつもりもありません。


さて、今週はこの辺にしておこうと思います。
この先の第三部の予定ですが、今日のように 丁寧に書いていく 事を優先したいと思っています。
この為、次はいつまでに更新、というような予定は後回しにしようと思います。

期限よりも内容重視

つまり、不定期な更新 になるという事ですね。

「実社会の壁」は、思っていたよりも、だいぶ分厚そうです。
いろいろと調べなくてはいけない事も増えています。
なかなか一筋縄ではいきません。

少しずつ少しずつ

また進展があった時点で、まとめて記事をアップしていければと思っています。

ぷっちゃん
先週のは、その時アップします (=゚ω゚)ノ ゴメンヨー


今日最後にもう一点。
うつの事を考えていると、またこの作品に行きつきます。



この作品の最後の方で、ツレさんがうつと向き合う上でのモットーを語っています。
また勝手に引用しますがw

そのモットーは、あ と で

 焦らない 焦らせない
  今更焦ってみても、どうにもならない。
  今が最短距離を進んでいる。
  丁寧に確実に進めていく。

 特別扱いしない
  うつは誰でも患う可能性のある病です。
  わたしが特別ダメな人間なのではない。
  そして、わたし一人が特別に苦しいわけでもない。
  苦しいのは、みんな一緒。

 できる事とできない事を見分けよう
  できない事を無理に進めてみても、再発するだけ。
  できる事を、少しずつ少しずつ進めていくしかない。

完璧なモットーですね。
やはり、ツレうつは本当に素晴らしい作品だと思います。

積み上げた事しか、結果にはならない

ツレさんを見習って、この先もボチボチと。
少しずつ少しずつ積み上げる。

この先もこうやって、自分のペースで、社会復帰に向けて進んで行きたいと思います。


それでは、また (=゚ω゚)ノ


おまけ画像:いちお伏せたw

2018.07.15.04


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


FullSizeRender

おはようございます。ずごっくです。

さて、リアルな身の上話 第三部ですが、今日だけ少し、途中経過を書いておきます。

まず、ここ。

2018.05.14

通勤シュミレーション ですね。

こちらは極めて順調です。
朝の通勤だけで言えば、完全に社会復帰ができていると言ってもいいと思います。
着実に良い方向へ進んでいますね。

ところが、それは良いのですが、最近、こんな事を思うようになりました。

わたしは、なんでこんな事してるんだ?

徐々に元の生活に戻ってくると、この2年余りの日々が、いったい何だったのかわからなくなってきます。

なんで、こんな目に遭わなくちゃいけないんだ?

そして、だんだん、

ムカムカしてきた (-゛-;)

事の経緯は、以前書いた通りです。
勤めていた会社で、要するに「めんどくさいヤツ」になってしまい、パワハラの被害者になってしまったわけです。
単なる「イジメ」って言ってもいいような事です。
そして、うつを患った直接な出来事は「違法な減給の強行」です。

そんな事で?と思う方もおられると思います。
しかし当時は、これだけではなく大小様々な事が重なってしまった時期でした。
仮に、一つ一つがたいした事ではないとしても、一時期に重なってしまうと、それはそれでキツい。
結果的に、うつを患ってしまっているわけです。

当然、自殺衝動も経験しています

そして問題なのは、

加害者には、そのつもりがない

って事は、極端な話、

過失致死未遂じゃねぇか (-゛-;)

そう考えると、どんどんムカムカしてきます。
そして、そういう人殺し連中が、今でもノウノウと生きていると思うと、


虫唾が走る


あぁー、クソったれがぁー( ゚ ρ ゚ )


なるほど、被害者感情って、こういう事なんだろうなーと、しみじみと実感しています。
以前載せたこれ。

FullSizeRender

これ本当に、その通りですよ。
そんなに簡単に、心の傷が癒えるわけがない。

でも、事件は終わっている

今更蒸し返してみたところで、もうどうにもならない。
それでもムカムカが収まらない。


そして、思いました。

裁判って、どんなもんだ?

裁判というのが、実際にどんな事をしてるのか見てみたくなりました。

どうなってるか見てやる

そして昨日、裁判の傍聴に行ってみました。

FullSizeRender

もちろん、実際に法廷に入ったのは、昨日が初めてでした。
初めてだと勝手がわかりませんので、行き当たりばったりで、その日行っていた刑事事件の裁判を傍聴してみる事にしました。

傍聴席でしばらく待っていると、被告人が入廷してきたのですが、、、


あれ、、、


あっ、そうか、、、


黒い手錠をされてました


そりゃあ、刑事事件ならそうだよね、、、
ヤバいなこれ、、、

緊張感がハンパない

そして裁判官が入廷してきました。

若いな、、、

おそらく、わたしよりも少し年下くらいだと思います。

その割に、貫禄と言うか、、、
威厳と言うか、、、
さすがだな、、、

そしてこれ、廊下にその日の裁判の内容を貼り出していたんですけどね。
これを、よく読んでいませんでした。

そしたら、いきなり裁判官が、



裁判官: 判決





・・・





∑(;0д0)えっ! 判決?



裁判官: 主文 被告人を・・・



ちょっ、ちょっ、ちょっ、ちょっ!

ちょっと待って!
それを、今ここでやるの?!


(;°◇°) マジで?!



裁判官: 懲役〇年〇月に処する



∑(;0д0)!!

懲役?!ガチか?!



裁判官: 判決文
ymmv25q;;:、ぁぁmh;のあ¥あl:。:qlm:g;smlqz、g。sb;lsmhがmあ。b;あhd¥:ぁむ:w。あjぇwみrv;あgjk::@zm図,:r・jjg・h・エhg背。r。ん。lgんzljかうぇk。hgrぁrjg・あm;あ・g・j・/asj/ra;Ù・¥あ宇¥g;




∑(;0д0)!!

おいおいおい!
何やっちゃってるんだよ!
そんな事したら、ダメに決まってるじゃん!



マジか、これ (;ー△ー)
ガチだよね、これ、、、
この人、この後、服役するんだよね、、、
舞台演劇でも、映画でもないぞ、これ、、、


しまった、、、


まったく心の準備をしていなかった


そして閉廷したら、すぐに帰りました

この一件で、もう限界


ヤバすぎる、、、


そして、断言できる。


こんなの、、、


中途半端な気持ちで行くもんじゃない


日を改めて、もう一度出直す事にしました。


まいった、、、


本当に、衝撃の体験をしました。


ガチで、懲役の判決を見ちゃった、、、


これは、人生観変わるわ (;ー△ー)


この先、この裁判の傍聴に関する記事を書くかどうかは、わかりません。
裁判を見たからどうなる?ってのも、わかりません。

しかし、わたし自身、損害賠償請求をしてきましたから。
すでに終わった事ではありますが、どうもムカムカしてスッキリしない。
実際に裁判をしていたらどうなっていたのかを、想像だけでもしておきたい。
刑事事件でも民事事件でも、いろいろな裁判を何回か見ておきたいと思っています。


ε=( ̄。 ̄;) フゥ-


今日はこんなところですかね。
また何かあれば、適時書いていきます。


それでは、また (=゚ω゚)ノ


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


おまけ画像:ぷっちゃん、おまたせ (・ω・)ノ

2018.08.09



FullSizeRender


ほれ!くろちゃん!これで、どや!w


おはようございます。ずごっくです。


あぁー( ゚ ρ ゚ )


やっと進んだ (ToT)


昨日、


やっとバイトが一件決まった


早速、来週から働き始めます。
働くのは何年ぶりだ、、、


2年5ヶ月ぶり


あぁー( ゚ ρ ゚ )


履歴書を送り始めて何ヶ月だ、、、


4ヶ月


バイトが決まるまでに、4ヶ月って、、、


あぁー 長かった( ゚ ρ ゚ )


今こんな気分。





ヤバい 超!超!ハード!
超イッパイ 頑張ったんです!



ε=( ̄。 ̄;) フゥ-



いい歳して親兄弟に迷惑かけて。
バイトする程度の事で、こんなに時間がかかってしまう。

なんでこんな思いまでして、苦しまなきゃいけないんだ?
これは、いったい何なんだ?


なんで死ぬような思いまでしなきゃいけないんだ?


あぁー クソったれがぁー( ゚ ρ ゚ )
クソじじぃどもがぁー( ゚ ρ ゚ )


お前らが死ねよ


あぁー( ゚ ρ ゚ )


うつなんてやるもんじゃない


ホンッとに、、、


心が折れるまで、がんばらないでください


ε=( ̄。 ̄;) フゥ-


まぁ、いいや
とりあえずは、一歩前に進んだ

それにしても、、、
よく受け入れてくれたな、、、

それと、前々回くらいからの続きを書かないといけないのですが、ここまでの間、いろいろありすぎちゃって、、、

詳しくは、追々書いていきたいと思います。
今日はこの辺で。


それではよい週末を (=゚ω゚)ノ


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


おまけ画像:モモちゃんwめぐみん派優勢みたいよw

2018.08.31.01



FullSizeRender


ε=( ̄。 ̄;) フゥ


おはようございます。ずごっくです。


さて、ボチボチ再開したいと思います!
8月末にアルバイトが決まりまして、9月から働き始めています。
そして先週までで、

1ヶ月間働いた!

なんとか、がんばりました。
そして、今日から2ヶ月目に突入です。

今の会社についてですが、結論を言いますと、

現状考え得る、ベストな環境

自分でもちょっと驚くくらい、いろいろな条件が希望通りの会社です。
決まる時ってのは、決まるもんですね。

強引に引き寄せた!

そんな印象があります。
けっこう、がんばりましたからね。
ブログの方も、かなり鬼気迫る感じでやってますねw
かなりのご立腹ブログになってるわw


ただ、正直、、、

9月は、まだちょっとキツかった (T_T)

入社したばかりと言うのが、一番大きいんですけどね。
最初はどうしても、覚えなきゃいけない事も多いし、なかなか大変です。
そして実は、働いたと言っても、まだこのペースです。

1日5時間、週3日

いつもの時間割表だとこんな感じになります。

2018.10.01.04

9時半から15時半までの勤務で、途中でお昼休憩を1時間挟む感じです。
そして、2日連続で働いたら休みを入れています。

ちなみに、これまで毎日続けてきた通勤シュミレーションですが、もう仕事を始めていますからね。
あまり無理をせず、今は休みの日はちゃんと休むようにしています。
だいぶ余裕をもって、慎重に進めるようにしています。

これでも、ギリギリの感じでした。
そこそこの綱渡りをしているような状態です。
ブランク明けの体力不足ってのも、大きな理由ですかね。
結果、やっぱりフルタイムは、まだちょっと無理でした。
と言うのも、

軽~い再発もありました

2週目のこの辺です。

2018.10.01.01

9月11日は、やたらと疲れてしまい、夜、薬を飲み忘れてしまいました。
そしたら、夜中の1時2時くらいに、急に不安で胸が苦しくなってしまい、バッと起きてしまいました。
すぐに薬を飲んで、寝たのはいいのですが、次の12日が、まったく起き上がれなくなりました
この日は、DQXすらできませんでした。
ただ布団の中で、ゴロゴロしてるだけです。
食事をする気力すらありませんでしたので、この日は何も食べなかったかも、、、w

そして、12日、13日と休んで、14日になって、自分の仕事の全体像が見えてきました。
そういう全体像を相談する、ミーティングをやってもらったんですよね。
これが、けっこう助かった。

これならいけるな!

そう思ったら、15日は 安心疲れw
この日も朝がホンッとにキツかったのですが、病院の予約を入れていたので、なんとか起き上がって行ってきました。

その後の後半2週間は、極めて順調でした。
これ、9月は連休が重なったので、かなり助かったんですよね。
寝込む事なくDQXもできていました。

寝込まなければ、なんとかなる

更にその後の、今月10月の予定です。

2018.10.01.02

10月は、週4日に増やしていく予定でいます。
そして、こんな感じで、連続で働ける日数を増やしていこうと思っています。

後半の4日連続、、、
これが、ちょっと、、、
正直、今日現在は、まだ自信がありません、、、w

今週、来週くらいの様子を見て決めていこうと思っています。
更に更に、その後の予定です。

2018.10.01.03

11月は週5に増やしていき、12月には時間を増やして、フルタイムで働けるようにしていく。
今のところ、こんな予定でいます。

できる事から段階を踏む

こんなに上手くいけばいいですけどねw
まぁ、様子を見ながら慎重に進めてみたいと思っています。



・・・



はいw
そうなんですw
ご覧の通り、

うつからの社会復帰としては、理想的なプラン

こんな条件を受け入れてくれる会社に採用してもらったんですよ。
ちゃんとフルタイムで働けるようになってきたら、正社員も考えてくれるのだそうです。
そこまで言ってもらえると、かなり気持ちが楽になります。

やっと先が見えた

探せばあるもんだ。
これって、ものすごく、わたしにとって都合の良い条件なのですが、実は会社にとっても都合が良かったりするんです。

どゆこと?

そもそも、どんな会社に入ったのかと言うと、

会計業界のとある会社


明日へつづく・・・


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


おまけ画像:ひでぇw

2018.10.01



FullSizeRender


おはようございます。ずごっくです。

では、昨日の続きです。
今わたしが働いているバイト先は、

会計業界のとある会社

いろいろな会社さんの経理や決算の仕事を、代行するような会社です。

会社ってかw まぁいいやw

と言うのも、あまり具体的な事は、書けないんですよ。
扱ってる内容が内容ですから。
こういう所で、おいそれと書けるような事ではないんですよね。


そして、仕事の内容です。
前々から説明記事を書こうと思っているこれ。

19

財務諸表

正に、これを作る為の、データ入力の仕事です。

バシバシ仕訳を切ってます!

いちお書いときますとw

仕訳伝票02

当然、こんなとこにハンコは捺してません!

そりゃ、そうだよ!w

ハンコは、別の目的で使ってますけどね。
こんなとこには、今時捺すわけがない。
そもそも、こんな用紙自体が会社にありません。
会計ソフトにデータを入力して、それで終わりです。

こういううつの原因となったような事が、一つずつ片付いていってる感じがしています。
そうだよなーw おかしいよなーw って感じでw


そして、昨日のこれですが、

2018.10.01.03

なんでこんな理想的な予定が可能なのか。

業界の必然

以前作った年間スケジュールを、もう一度見てみましょう。

2018.10.02.01

ちょうど今は、矢印の辺りですね。

そう、閑散期

従って、暇な時にあまり稼がれても困るw

今はわたしが短時間のアルバイトでお手伝いをするくらいが、ちょうど良い仕事量だったりするんですよねw
なので、このくらいの条件の方が、会社側も都合がいいんですw
お互いの需要と供給が一致したと言うわけです。

最初、わたしの条件を、あまりにもスンナリと受け入れてくれるものですから、、、
話がうますぎないか、、、と思ったんですがw
考えてみれば、必然の成り行きという事になります。

ところがこれが、12月の後半になってくると忙しくなってきます。
会社の年末調整があり、更に年明けくらいからは、確定申告が始まり、3月決算の会社さんにつながっていくというわけです。
なので、今から少しずつ日数を増やしていき、12月を目処にフルタイムで働けるようにしていく。
そして、年明けくらいからは残業で繫忙期の対応ができるようにしていくと言うわけです。

2018.10.02.02

なんという絶妙なタイミング!w

もう、これ以上ないくらいの絶妙さです。
こういうのってのは、タイミングですね。
結局、焦ってみても決まらない時は、決まらない。
動かない時は、何も動かない。
しかるべき時期が来ないと、どうにもならないと言う事です。



そして、、、



・・・



はい。収入ですね。

9月のお給料、、、

一番良い時の8分の1でした

9月は、まだ日数が少ないから、しょうがないですけどね。
しかし、これがありのままの現実です。

正直、食えていません。
田舎の親兄弟に助けてもらっている状態です。
だいぶ切り詰めた生活もしています。
一日一食という日も、けっこうあります。

これまでは、傷病給付金だとか、失業給付金なんかで、なんとか食いつないできました。
そんなこんなも、もらえるものは全てもらい切ってしまいました。

この為、いろいろと諦めなくてはいけない事も出てきました。

この状態では、何にもできやしない

休みの日も、家でDQXをするくらいしかできない。
DQXだったら、そんなにお金がかからないですからね。
正直、どこかに遊びに行くような、心の余裕もありません。

一度、仕事が潰れちゃってますから。
もうしょうがないと、諦めるしかありません。

今の自分では、これが精一杯

元の収入に戻す、、、
ちょっと、、、
今はまだ想像がつかない、、、

たぶん、うまく行ったとしても2、3年はかかると思います。

40代前半は終わったな、、、

この辺は、うっすら頭ではわかっていた現実ですが、いよいよ向き合わないといけなくなってきました。


が、しかし!

心は極めて良い方向へ進んでいる!


今の会社に入って、

一気に世界が広がりました!

それはなぜかと言うと、

税務会計ができるから!

2018.10.02.03


明日へつづく・・・


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


おまけ画像:これも、ひでぇw

2018.10.02



FullSizeRender


おはようございます。ずごっくです。

では、昨日の続きです。
新しい会社についてですが、税務会計もやってます

この時点で、会社って言うかw
まぁ、いいやw

そもそも、税務って何?
これはもう、税金の計算

そのまんまです。
会社や個人の税金の計算をする仕事です。

そして、お金を管理する事を、会計 と言うわけですが、一般的に会社の「会計の仕事」は、このような作業の流れになります。

2018.10.03.03

会社が作った帳簿を、税理士さんに渡して税金計算をしてもらう流れですね。

わたしは今までずっと、普通の会社で働いてきました。
なので、実はわたしは、この税務の部分の経験が数える程しかないんですよ。
当然と言えば、当然なんですけどね。

そしてこれ、いっつも思ってた事があります。
今まで、年間を通じて、会社の帳簿を作ってきたわけですが、

いっつも最後は、税理士さんに持ってかれるw

やるからには最後までやりたいですよねw
ところが会社の経理では、最後までやらないのが普通なんです。

今の会社は、この税務の仕事が経験できる会社

この経験が増える事で、会計全般をカバーできる事になります。

この経験は大きい

そして、そういう会社の場合、

扱う会社の、数が桁違い

一般的には、1人の担当者で、15社~20社くらいを担当するのだそうです。
わたしと同世代くらいの方だと、通算で千社超えなんて方もいるみたいです。

わたしは、ちょうど20年前に東京に出てきました。
そして、最初に入社したのは、普通の会社でした。
税理士事務所みたいな所にも、応募はしたのですが、ご縁がありませんでした。
前の会社に転職する時も、数ヶ所応募したんですけどね。
結局、叶わぬ夢のまま終わっていました。
つまり、

働いていた会社の帳簿しか見ていない

この20年間で、関連会社なんかを含めてみても、

せいぜい10社程度

ところが、先月9月は、

わずか1ヶ月間で、プラス5社超え!

そして、そんな会社さん達は、業界がバラバラだったりします。
会社数ばかりでなく、いろいろな業界の帳簿作成も、経験し始めたと言う事ですね。

あぁー、そっか!
この業界は、こういう計算をするのか!


そんな驚きの連続です。
いろんな計算方法があるもんだなーと、かなり勉強になっています。

そう、ほしかったのは、

浅くてもいいから、幅広い経験!

公認会計士だとか、税理士を目指す人の場合、若い頃にまずこういう下積みみたいな事をするんですよね。
ところが、わたしの場合は、こういう資格なんかを目指して、経理の仕事を始めたわけではありません。
なので、幅広い経験という下積みをしてきていないんですよ。

こんな下積みをしてみたかった

今になって、急に、こんな道が開けてしまいました。
そして、

確実に、キャリアアップになる

基本力と言うか、土台が強固になるって感じです。
これって、わたしの中ではかなり大きな分岐点です。

20年単位の分岐点

あぁー、、、
そういう巡り合わせかー、、、
そんな風に、しみじみと感じています。



( ̄ー ̄) ふふふ



キッチリ下積みしたるわ!
Ψ(`∀´)Ψ ケケケ




今は、この辺の仕事が楽しみでしょうがない。

2018.10.03.04

年末調整は今までやってきましたが、確定申告なんかは数える程しかやってきていません。
特に個人事業主の青色申告なんかは、まったく経験がありませんでした。

経験できるじゃん!

これで、一気に未来に希望が湧いてきました!
実際、個人事業主の青色申告を一件担当し始めたのですが、

あぁ!そうやんのか!w

もうw 楽しくてしょうがないw

おもいっきり勉強になる!

こうなってくると、いつものこれ、

2018.10.01.01

これを終わりにしていきたいね

先の事を考えると、少しブログの方もがんばらないと、前に進んで行きません。

新しい経験の為に頭を使いたい!

うつの事を、あれこれ考えるのも疲れてきました。
新しい道が開けたのなら、済んだ事はまとめてしまいたい。
そして、その内容としては、7月頃に始めようと思っていた、この取り組み。

2018.07.18.04

この辺の取り組みの、事の顛末をまとめておきたいと思っています。
サラっと説明すると、この「?」の部分の取り組みについてですが、結果的には断念しました。
しかし、これについては、うつの整理をする上で、どうしても書いておきたい。

更には、裁判の傍聴

FullSizeRender

これは8月頃に、かなりいろいろな裁判を傍聴してみました。

空き巣、痴漢、少女売春斡旋、不法滞在、振り込め詐欺、横領、窃盗、覚せい剤所持・使用、万引き

こんなとこですかね。
これらの中には、うつなどの精神疾患に関係してくるような内容が、けっこうあるんですよね。
そして、どれもこれも言えるのは、

切ない、、、

わたしくらいの歳になると、被告人の立場に立って考えてしまうんですよね。
どれもこれも、もちろん犯罪ですから、ダメな事ではあるんですけどね。

でも、、、
気持ちが、わからなくもない、、、

この辺も上手く書いていければいいなーって思っています。

この辺をまとめ終われば、本当に楽になる。
新しい仕事を、堂々と進めていける。

そして、やっぱり最終的には、ここに持っていきたい。




そんな時代もあったねと
いつか話せる日がくるわ
あんな時代もあったねと
きっと笑って話せるわ



ただ、ここに行くまでには、まだまだ時間がかかる。
実際問題、今の会社で、「前の会社では、どうしてました?」とか、聞かれる事があるんですよ。
入社したての頃ってのは、そんな事が多いですよね。
うつとは関係ない事だったりするんですけどね。
どうしても、その都度、イヤな事を思い出してしまう。
毎度の事ですが、頭の整理だけでも進めておかないとね。


そんなわけで、この先の記事を書きながら、過去の記事をボチボチ読んでみると、今年のお正月におみくじを引いてるんですよね。

(。・ω・)ノ リンク:1/11 おみくじを引きました

これね。

2018-01-04-19-06-48

よろこび事のぞみ事、おそく成就す


あぁー( ゚ ρ ゚ )


やっと来たか! 長いわ!

更に、先ほどの時系列表の、厄年のリアル度数の部分を拡大してみます。

2018.10.01.02

9月まで、ちょこっと残ってましたねw

なるほどw そういう事かw

それにしても、、、
ホンッとに、進まなかったな、、、

自分の意思だけでは、どうにもならないですからね。

キツかったわ、、、

まぁ、それももう、今月に入って完全に終わりました。
やっと、いろいろな事が噛み合ってきています。


今の会社に通い始めてから、今頃になって、

あぁ、、、そっか、、、
前の会社は辞めたのか、、、

そう感じる時が、たまにあります。
最低、最悪の退職でしたからね。
わけもわからず、一方的に追い出されたような終り方でしたから。
あまり辞めたという実感が、ありませんでした。
それが今頃になって、やっと実感がわいてきました。

辞めるにしても、もっと違う形が良かった。

そして、やっぱり寂しい気持ちもあります。
でも、もうしょうがない。
次の道を進んで行くしかない。

今は、進まない事が怖ろしい

つい最近までは、怒りが先行していましたが、今は恐怖です。
進まないでいると、またあのドロ沼にハマり込んでいくようで、いても立ってもいられない。

今週末からの連休中に、なんとかまとめてみて、また来週くらいに続きをアップできればいいなーと思ってます。


それでは、また (=゚ω゚)ノ


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


おまけ画像:ねぇなw

2018.10.04



FullSizeRender


聖闘士星矢! ( ゚Д゚)





少年はみんな 明日の勇者 (。-`ω´-)


OH!! YEAH!!


聖闘士星矢! ( ゚Д゚)





ペガサスのように 今こそはばたけ (。-`ω´-)

おはようございます。ずごっくです。

今一番ほしい物は、ゴールドクロスです。




では、先週からの続きです。
まず先週ですが、極めて順調!

2018.10.09.01

当初の予定通り出勤できました。
ただ、飛び石の5日金曜日が、中途半端でした。
3日連続で働く事が目的だったので、こういう予定になったのですが、金曜日もまた出勤かと思うと、4日木曜日は、気が休まりませんでした。

だったら、4日に出勤しちゃった方が良かったw

そう思えるのなら、順調に進んでいるという事だと思います。
そして今週は、昨日の体育の日があったので、ちょうど良い感じの3日連続出勤ですね。
また連休に助けられました。
これは、問題なく出勤できると思います。
この調子だと、来週からの4日連続もなんとかやっていけそうです。

ふと思ったのですが、、、
逆にこれ、、、

10月は、毎週3連休

なんか、すんません (。-_-。)


そして、ブログですね。
こちらをご覧ください。

FullSizeRender

走り書きメモと参考書類の山

これ、まとめんのかw

これ、ちょっとw
こんなの1日、2日じゃ無理w
クリアファイルにまとめるだけで、連休が終わりましたw
この先は、けっこう時間がかかりそうです。
見出しの写真も撮らなきゃいけないし、けっこうやる事があるんですよねw
おもしろいおまけ画像も隠し撮りしないと
仕事が始まると、こういう事をする時間がなくなりますね。

まぁ、でも、ここまで来たら、焦る理由は何もない。
もう済んだ事がほとんどなんだから、ボチボチ整理していけばいいだけの事です。
「リアルな身の上話 第三部」は、年内いっぱいの完結を目処に進めたいと思います。

2018.10.09.03

うん。
年内はこれで充分ですね。
このずごっくモデルも、最初はこれですからね。

04

進みましたね!

時間はかかりましたけどね。
やっと、ここまで来たって感じです。

そして、ずーーーっと止まってる、こちら。

19

財務諸表の説明記事ですね。
これは、働き始める前にまとめたいと、ずっと考えていました。

しかし今は、正にこれを作る仕事を始めました。
新たな経験として、かなりいろいろな知識が増えている最中です。

少し落ち着いてからでも遅くはない

そう考えるようになりました。
会社の経理と税務とでは、ちょっとやり方が違ったりするんですよね。
目的の違いから、やり方の違いが出てくるわけですが、どちらも正しいんです。
この辺も盛り込んで書いてみたら、おもしろいかなと思っています。
なので、今の「リアルな身の上話」のシリーズとは、また別の機会に、ジックリ書いてみようかと思っています。
その方が、反って上手くまとまりそうです。

そして、今まとめてしまいたいのは、やはり うつ のあれこれ。
今日は少しカウンセラーについて。
先週末、また病院へ行ってきまして、カウンセラーとあれこれ話しました。
特に、今後の予定のこれですね。

2018.10.02.02

こんな好条件、初めて見ました!
時代の最先端ですよ!
(;゜0゜)


えw
そんなにすごいの?w

NHKに応募したらどうですか?!
成功事例で取り上げてくれますよ!
(;゜0゜)


そんなにかw
それは、今のボスに言えば喜ぶかもw
会社の良い宣伝になるわw

こちらのカウンセラーですが、7月に担当交代がありました。
これは、ここ数か月間の中でも、かなり大きな変化でした。
これまでお世話になってきたカウンセラーは、私事のご事情があるとの事で、クリニックを退職されました。
そして、新しい今のカウンセラーと交代する事になったわけです。

7月は、これがもう不安で不安で、、、

今までのカウンセラーは、発症当時からずっと担当してくれてましたから。

2年3ヶ月間

新しいカウンセラーがどうのこうのって話ではなく、これだけの期間ずっとってのがね。
いろいろとお話ししましたからね。
本当に長い間、お世話になりました。

そして何より、亡くした妹と同い歳の女性でしたから。
特にわたしが指名したわけでもなく、たまたまそうだったって話です。
しかしこの事が、これまでどれ程の支えになったのか計り知れません。

まいったな、これ、、、
さすがに、同条件のカウンセラーを要求するのは無理だろ、、、
次も、同世代くらいの女性で、というお願いしかできませんでした。

ところが、フタを開けてみると、

新しいカウンセラーも、妹と同い歳の女性

しかも、妹と誕生日がかなり近いです。

マジか!www

驚きすぎて笑っちゃったw
カウンセラーも驚いてましたw

そして、心底ホッとしました。
どんなに大きなクリニックでも、わたし一人の為に、そこまでの調整は無理でしょ。
カウンセラーの人数にも、限度があるだろうしね。

なのに、また同い歳w

あり得ない偶然

こんな事って、あるんですね。

前のカウンセラーは、とても冷静で芯のシッカリした女性でした。
今のカウンセラーは、とても気さくで明るくて、話しやすい女性です。
前のカウンセラーもそうでしたが、今のカウンセラーにも、本当に助けてもらっています。

そして、こんなの、

妹のしわざ以外あり得ない

あっちで、チョコチョコ操作してるんですよ。

だったら、もうちょっと早めに、いろいろを進めてくれても良かったと思うよ!w

まぁ、いいやw
そこまでの事を、妹に言ってもしょうがないw

いずれにしろ、妹は「生きろ」と言っている。


ありがとう
やれるだけやってみます


と言う事で、今週はこれで終わり!

この先は仕事を優先して、ある程度記事がまとまってきたら、順次アップしていければと思っています。


それでは、また (=゚ω゚)ノ


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


おまけ画像:在庫処分的にアップ (* ̄з ̄) ~♪

2018.10.09.02



FullSizeRender

おはようございます。ずごっくです。

今日は、先に少し寄り道を。
ここまでの療養期間中、ずっと好きだったこの子達。




まだまだいくよ!!

こんな娘がいたら溶けちゃう (*´-ω-`)

こちらの動画のサムネのYUIちゃんですが、

脱退するんだってね、、、

YUIちゃんがいないのは寂しいなー、、、

体調不良だってさ。
お大事に、としか言いようがないな、、、

まぁ、YUIちゃんに限った話ではなく、この3人がそろっての BABYMETAL ですからね。
誰が欠けても、成立しないと思う。
神バンドの藤岡さんも、今年初めに亡くなってるしさ。

また時代が移り変わっていく
なんだか寂しい


さて、
前回からの続きです。
まず、先週までの出勤状況です。

2018.1w.02

2週間続けて、4日連続出勤達成!

なんとか問題なく出勤できました。
19日、26日の金曜日の朝が心配でしたが、まったく問題なし。
そのまま出勤しても良さそうな感じでした。
26日なんかは、あと1日あれば終わるという仕事があった為、もう1日出てやっちゃおうかな、、、と思ったくらいですw

この調子なら、今日から始まるこれ。

2018.1w.09

週5日出勤チャレンジ!

まだ短時間ではありますが、いよいよ平日全ての出勤が始まります。
それでも、先週までの感じだったら、なんとかやっていけそうです。

うーん、、、

ただ、正直なところ、綱渡り感は否めない
この先の予定のここ。

2018.1w.03

赤丸の部分ですね。
今は12月のフルタイム出勤に向けた助走期間と言うわけですが、

3ヶ月間はちょっと短かった 、、、

欲を言えば、もう3ヶ月間、つまり半年間くらいの助走期間がほしかった。

2018.1w.04

うん。
こんな感じで、6月くらいから助走期間を設けていければ理想的でした。
これだとかなり余裕をもって、年末からの繁忙期にも対応できそうです。
でも、こういうのって、

欲を言いだせばキリがない

この理想的なプランは、あくまでもわたしの都合だけを言えばって話です。
実際にこんな条件を受け入れてくれる会社は、まぁ皆無だと思います。
今の会社だって、会社の都合や状況が、たまたまわたしの都合や状況とマッチングしたって話ですから。
今の受け入れてもらった条件で、なんとかしていくしかありません。

そんな綱渡り感がありつつも、なんとかここまでやってこれたのは、やっぱりここ。

2018.1w.05

20年間できなかった事をやっている

日々の仕事が自分の力になっていくのを、かなり確実に実感しています。
自分の視野も世界も毎日毎日どんどん広がっていく。
仕事が楽しくて楽しくて、しょうがない。

これがあるから、なんとかなっているんです。
多少の綱渡り感があっても、止まらず進む事ができる。
この進んでいる、動いているという事がとにかく嬉しい。

長い長い冬眠から醒めていくような、
あるいは、遠い遠い別の世界に生まれ変わったような、

そんな気分です。


そしてそして、止まっていた記事の方も、ボチボチ再開していきますかね。
まずは、7月頃にやろうと思っていた取り組み。

2018.07.18.04

これですね。
この辺のお話を進めていきたいと思います。
先に、この「?」の部分を書いてしまうと、こちらになります。

2018.1w.06

就労移行支援

うつなどの精神疾患だけでなく、障害を持つ方々の社会復帰を推進していく事業の事を「就労移行支援」と言います。
この事業を利用して、社会復帰していこうと考えていました。

その前に、そもそもの 実社会の壁

具体的にどんな壁?

これは実は、わたし自身が「採用担当者」という立場で、典型的な失敗事例 を経験していたんですよね。
働き始めたら、いろいろと思い出してきました。

今回バイトとは言え、新しい会社に就職しました。
その方法ですが、ハローワークの求人情報を使って、今の会社を探しました。
これが、うつを患っていなかったら、確実にこんな会社を利用していました。

人材紹介会社

うつを患っていなかったら?
どゆこと?


明日へつづく・・・


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


おまけ画像:ネタ切れ被害者1人目

2018.1w.90



このページのトップヘ