ずごっくの日記

November 2018

FullSizeRender

おはようございます。ずごっくです。


(*´-ω-`) フゥ‐


風邪の方は、なんとか治まってきましたが、、、

2018.w2.5.01

また寝込んでしまった、、、
先週まともに出勤できたのは、木曜日だけでした。
金曜日は、やればできたのですが、まだ咳が止まりませんでした。
同じ部屋の中でゴホゴホやっていて、同僚に風邪を移しちゃうといけませんので、おとなしく早退する事にしました。

これを、ずごっくモデルにすると、こうなりますね。

2018.w2.5.02

風邪って要するに、免疫力が弱ってる「体」が、何らかのウィルスにやられちゃったって事ですよね。
つまり、まだ体力が万全ではない。

なんでこうなったのかと言えば、先々週の10日土曜日、11日日曜日辺りで、急に冬が来たかのごとく寒くなりましたよね。
あれに対応できませんでした。

それと、知らず知らずの内に疲れが溜まっていたという事もあると思います。
新しい仕事を始めて、2ヶ月半くらいですか。
ここまでの間、ずっと予定通りに出勤できていましたからね。
特に10月29日の週と、11月5日の週は、予定通り週5日勤務ができました。
これに安心した為、急に疲れが出たという事もあるんだと思います。

実は、こういう季節の変わり目ってのは、うつの再発も多いんですよね。
いろいろと本を読んでみると、気温の変化だとか、日照時間の変化だとか、そういう自然現象の影響を受けるって事もあるみたいです。

その手の科学的なメカニズムはわかんない ><

そして、それを知ってみたところで、どうにもならない。

わたしお医者さんじゃありませんから
(´▽`)ノ アハハァ

いずれにしろ、今回寝込んでしまった原因は、ただの風邪です。
うつが再発したわけではありません。

そして、今回風邪をひいてみてわかった事があります。
先ほどのずごっくモデルのここ。

2018.w2.5.04

「心」の部分の良い方向、

意欲・関心

風邪をひいて寝込んでしまっても、

自然と意欲と関心が湧き出てくる!

これ、まったく無理をしていません。
仕事をしたくてしょうがない。
こういう気持ちが自然と湧き出てくるので、寝込んでいる自分にイライラする程です。
今の会社が、自分にとってはとても良い環境だという事ですね。

「ブログを書きたい」という意欲も大きい。
書いて次へ進んで行きたいという気持ちが、かなり大きい。

それでふと思い出したのですが、だいぶ前に前任のカウンセラーが言ってました。

いつか自然と意欲や関心が湧いてくる時が来ます ( ^^ )

本当に来たか。
その時は、「無気力」「無関心」のまっただ中でしたから、そんな事はとてもとても信じられませんでした。
それでも、来る時には、ちゃんと来るもんですね。

そんなわけで、風邪さえひかなければ、先週も無理せず上手くいっていた。

まぁ、なかなかね。
頭で考えるほど単純には進みません。
これもまた、紛れもない「実社会の壁」だったりします。

それでも、何かできる事、、、
と言う事で、スマホの方のブログデザインも冬仕様に模様替えしておきました。

2018.11背景21

今できる事は、こんなとこですかね。
ひとまず今週は、風邪で崩れた生活の立て直しを優先したいと思います。

2018.w2.5.03

うつの再発も風邪も一緒。
一度止まると、立て直すのに時間がかかる。


(*´-ω-`) フゥ‐


まぁ、しょうがない。
今日からフルタイムシュミレーションを再開。
そして今週末にはまた連休がありますので、続きの記事の方もボチボチ進めていきたいと思います。

という事で、続きは早ければ来週!


それでは、また (=゚ω゚)ノ


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築




おはようございます。ずごっくです。
ブログデザインを冬仕様に替えました!

2018.11背景20

今回はPCだけ。
スマホはそのまま。


それでは、また (=゚ω゚)ノ


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築



FullSizeRender


おはようございます。ずごっくです。



( ゚ ρ ゚ ) あぁー



風邪をひきました!
(( ;*д*))o=3=3 ゴホゴホ



昨日は、会社を早退しまして、今日もちょっと無理っぽい、、、


ここで風邪かよぉー
まいったぁー m(; _ _)m

いい感じで来てたのに、、、
ここで、また止まるか、これ、、、
じゃあって、、、
風邪をひいちゃったら、どうにもならない、、、


これもまた、実社会の壁!


とか、やってる場合じゃないw


とにかく寝る!


という事で、

今週の記事は、一旦中断します

再開は、早ければ来週から!


それでは、また (=゚ω゚)ノ


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築



FullSizeRender


行こうぜ !! go, go, going up !!





おはようございます。ずごっくです。

Our hour あわだま フィーバー !!

こんなん、この3人じゃなきゃ成立しないじゃん。
そして、YUIちゃんのソロも見つけました。





ちょっちょっちょっちょっちょっちょっちょっちょっちょっちょっちょっちょっ

わっは !! ははは !!

あら、かわいい
YUIちゃん、まじYUIちゃん

実はわたしもYUIちゃん

(*´-ω-`) ふぅ~

寂しいねぇ~


さて、
前回からの続きです。
今日はまず、先週までの出勤状況の続きです。

2018.2w.01

2週間続けて、5日連続出勤達成!

なんとか問題なく出勤できました。
なんと言うか、過不足なしって感じです。
長すぎず短すぎず。
今の自分だったら、この1日5時間、週5日というのが、ちょうど良いくらいです。

ただ、、、問題は土曜日

3日、10日の土曜日は、やっぱり疲れました。
ほぼ丸1日何もしないで、ゴロゴロしてました。
再発って程ではないんですけどね。
その気になれば、何かする事はできる程度の疲れです。
いつもの時間割だと、ここですね。

2018.2w.06

でも、これ考えてみたら、、、

うつじゃなくても、みんな一緒w

そりゃあ、そうだよねw
週5で働いてれば、土曜日はみんな疲れるわw
なにも深刻に考える必要はない。
普通の生活に戻ってきたという事です。
それでも何か対策のような事を考えるとしたら、こんな感じですかね。

2018.2w.02

土曜日は、再発の日

土曜日は何もしない。
DQXも予定に入れない。
ただひたすら寝込む。
再発を怖れるのではなく、むしろ、

土曜日は再発してしまえ!

という意味ですw
ガチガチに予定を入れちゃうと、それだけで疲れてしまいます。

土曜日は再発すればいいんじゃない?

これでいいよ、もうw


そして、次に考え始めないといけないのが、12月からのこれ、

2018.2w.03

フルタイムチャレンジ

これに向けた準備も始めようと思っています。
さすがに何もしないまま挑戦するのは怖い。

結局のところ、今の状態というのは、

ブランク明けの持久力不足

仕事の内容云々ではないんですよね。
2年5ヶ月間も仕事を休んでましたから。
1日8時間、仕事を持続する自信がない。
週5日勤務ができたのなら、次は1日8時間勤務に向けた準備を、そろそろ始めないといけない。

今からできる事を考えると、こんな感じですかね。

2018.2w.04

フルタイムシュミレーション

今は15時半には仕事を切り上げて、17時頃には帰宅しています。
そこから3時間くらい何らかの作業をして、フルタイムのシュミレーションをするという事ですね。

となると、フルタイムで働き始めると、、、
帰宅時間が、20時、21時くらい、、

まぁ、そんなもんか

そして実はこれ、もう先週から少しずつ始めています。
具体的な作業としては、このブログの下書きだったりします。
先週は完全ではありませんでしたが、そこそこの作業ができていました。
今週からは、もう少し本格的に進めたいと思っています。

順調、順調



・・・



(-ω-;) ウーン

また、欲を言えばって話ですがw

やっぱり、ちょっと急すぎるんだよね

先日のこれを、もう一度。

2018.2w.05

うん。
週5日チャレンジを、2ヶ月間くらいは、やっておきたかったですね。
そして、こんな感じ。

10月:1日5時間、週5日
11月:1日5時間、週5日 + フルタイムシュミレーション

そうなんだよねぇ~
これだと、かなり余裕がある。
かなり確実に一歩一歩進めていけてた感じがする。
だから、こういう助走期間ってのは、最低半年間くらいはほしいところなんですよね。


で、そもそもの話
わたしって、こうやって自分でいろいろ考えて、自分1人で問題を解決する方法を考えちゃったりするんです。
そして、そこそこ解決もできてしまう。
たぶん、このフルタイムシュミレーションも、今のこの調子だったら上手くいくと思います。

えぇ、
わたし、そこそこ優秀ですから
(。+・`ω・´)キリッ

ここまでの取り組みのこれも同じ。

2018.10.01.01

もちろん、お医者さんやカウンセラーと相談しながらではありますが、基本的には自分で考えて、自分で決めて進めてきました。

ところが、これが 落とし穴 だったりするんです。

就職という事を考えた場合には、大問題が1つあるんです。
それは、

客観的な証明にはならない

自分1人で生きてるなら、これで良いんです。
自分で自分の納得できる結果を出して、社会復帰して行けばそれでいい。

しかし、就職という場面になると話は違ってきます。

うつで2年5ヶ月間も休んでいて、本当に働いていけるの?

自分1人でやってきたこれらの取り組みは、これを客観的に証明する事にはならない。

特に「損害賠償請求」なんかは、わたし1人にしかわからない取り組みです。
これを説明してみたところで、就職につながるわけではありません。


どうすんの、これ、、、
何かないの、、、


そんなこんなも考えつつ、見つけたのがこちらになります。

2018.1w.06

就労移行支援

ようやく、この説明まで来たかw
明日からは、その辺のお話を。


明日へつづく・・・


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築



FullSizeRender

おはようございます。ずごっくです。

では、昨日の続きです。

毎度の事ですが、今日の記事も「わたしの場合は」という前置きが必要なのかもしれません。

クローズでいった場合どうなるのか?

まず、心的負担
わたしの場合は、隠す事が心的負担になる

隠し事があるという負い目

わたしは、これが心的負担になります。
ここはもう本当に、人それぞれの性格によると思います。

話す事の方が心的負担が大きい

そう考える人の方が、多いのかもしれません。

わたしだって基本的には同じです。
「自分はうつだ」なんて、できれば言いたくはない。
それでも言わざるを得ない状況が必ずある。
それを想定して先に慣らしていく為に、この「リアルな身の上話」を書いてきました。

もちろん話す相手の問題もあります。
わたしだって、誰にでもオープンに話しているわけではありません。
それをやるんだったら、このブログだって最初から実名でやってます。

いろんな人がいますから

さすがに、そこまでの勇気はありません。
相手を選んで話しています。

それと、仕事のパフォーマンスに影響するような事は、できるだけ周囲に話しておきたいという事もあります。

例えば、風邪をひいたとします。
会社を休まざるを得ないですよね。
その時に、何の説明もなく休むというのは、マズいですよね。

あの人なんで休んでるの?

理由がわからなければ、周囲は混乱していまいます。

仕事は一人でする事ではない

どんなに小さな会社だって、個人事業主だって、たった一人で仕事をしてるなんて人はいません。
多かれ少なかれ誰かとの接点がないと仕事はできません。

あぁー風邪ね
じゃあ、しょうがないから、空いた穴はこうやって埋めとこう

こういう段取りができる。
だから、できるだけ話しておきたい。
そうでないと、会社全体の動きに停滞が生じる。
従って、理由を説明しないという事が、わたしにとっては心的負担になる。
わたしは、そう考える人です。


次に、心的負荷
うつを患っておらず、健康状態が良好という事で就職したとします。
すると、

容赦なく通常の仕事の質と量が襲ってくる

わたしの場合、「管理部門の元部長」です。
経理の仕事だけでも、これだけの経験があります。

2018.05.15.01

これだけの経験があると、当然のように期待される仕事の質と量は増えていく。

特に、資金繰り
これは以前にも少し書きましたね。

(。・ω・)ノ リンク:5/28 正社員はひとまず諦める

「資金繰り」というのは、会社全体の様々な活動が、全て集約されてきます。
全体の動きのどれ一つ欠けてもダメです。

全部です

全ての動きを把握しないと、「資金繰り」はできません。
つまり、会社全体の動きが、心的負荷となって襲ってくるわけです。

更にはそれを、売上、原価、経費、そして利益
こういう形でまとめていかないといけません。

そして、資金が足りるかどうか

それを考えるのが「資金繰り」です。
中でも一番気を遣うのが、

給料を払えるかどうか

給料というのは、会社の売上の中から、社員に分配されるモノです。
会社のどこかから湧き出ているようなモノではありません。

売上が足りないなら借りるしかない

「資金繰り」というのは、こういう事も考えていかないといけないんです。
従って、極端な話、

わたしが止まると給料が止まる

責任というのは、こういう事です。
この責任に耐えられる状態ではない。


ここまでを、ずごっくモデルにまとめるとこうなります。

2018.1w.18

2つのストレスのダブルパンチ

わたしは、これに耐えられないと考えました。

クローズの方がリスクが大きい

実際に働き始めた9月の出勤状態をもう一度見てみると、

2018.10.01.01

全然もう、、、
やっぱり、まったく耐えられない状態でした。
しかも、軽い再発まで起こしています。
この状態で「資金繰り」なんて、できるわけがない。

そんなこんなで、わたしの場合は、

クローズで就職していたら確実に再発していた

と思います。


が、はい。そうですよね。
オープンはオープンで問題があるわけです。
一番の大問題、それは、

受け入れてくれる会社が、極端に少ない

そりゃあ、そうですよ。
会社は「うつからの社会復帰」の為にあるわけではありません。
病気を抱えてる人が一人もいなくたって、イッパイイッパイで会社を回してる、ってのが普通です。
再発のリスクがある人材を、わざわざ採用する必要はないわけです。


どうしたもんだこれ、、、


そこで、あれこれ調べて行きついたのがこれです。

2018.1w.06

就労移行支援 ですね。
そして、これに関連して、障害者雇用
更には、障害者手帳

これらは全て「オープン」を前提とした社会復帰の手段です。
公的機関がどのような取り組みをしているのか?
次回以降は、そんなお話をしてみたいと思います。


ε=( ̄。 ̄;) フゥ-


今週はこんなところです。
やっぱり、働きながら書くと疲れるw
という事で、来週はお休みにしまして、続きは再来週以降にアップできればと思います。


それではよい週末を (=゚ω゚)ノ


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


おまけ画像:ネタ切れです (ToT)ゞ



FullSizeRender


おはようございます。ずごっくです。

では、昨日の続きです。

わたしがうつを患った原因。
過去に様々な出来事があったわけですが、それらから受けた ストレス が原因です。

そもそも、ストレスって何?

圧力によって物体にゆがみが生じる事

心に様々な出来事から圧力がかかってしまい、最終的に心が折れてしまったというのが、わたしのうつの正体です。

ここで少し、言葉の使い分けのご説明をしておきます。
これまで、このストレスの事を、心的負担 という表現を使ってきました。
これ、一般的には、心的負荷 という表現を使います。

「ふたん」と「ふか」の違いですね。

この2つが、2つのストレスです。

そしてこれ、わたしわかっていて、あえて「ふたん」という表現の方を使っていました。
理由は二つ。

まず第一に、言葉の響き
「ふか」という言葉を聞くと、胸が苦しかったんです。
単なる言葉の響きです。
「ふか」の方は、なんだか押し潰されるような、更にその上トゲトゲしく胸に突き刺さるような印象を受けていました。
これは、わたしにしかわからない、わたしにしか当てはまらない感覚だと思います。
この為、「ふたん」の方を使っていました。

うつってのは、こんな微妙な言葉の響きに、敏感に反応してしまうんです。
今はもう、なんともないんですけどね。
こんな事に反応していたのかと思うと、改めて怖ろしくなってきます、、、

そして第二に、イメージの使い分け
ずごっくモデルにすると、こうなります。

2018.1w.07

どちらのストレスも、心を悪い方向へ押し込もうとしています。
そして、このような使い分けです。

心的負荷:自分の外側からかかるストレス
     自分の意思で軽減するのが難しい


心的負担:自分自身が引き起こすストレス
     心が機能していれば自分で軽減できる



具体例を挙げてみます。
9月から新しい仕事を始めているわけですが、やっぱりこんな事が起こっています。

あり得ない単純な、ミス、漏れ、ど忘れ

あれ、、、
なんでこんな所をミスった、、、

あれ、、、
なんで、こんなのゴッソリ漏らした、、、

あれ、、、
なんだっけ、これ、、、

初めての仕事だから、しょうがないんですよ。
誰にでもある事なんです。
ところがここで、深刻に考え過ぎて自分を責めすぎる時があります。

やっぱり、わたしはダメなんじゃないか、、、
ブランクが、長すぎたか、、、
これ、お役に立ててないぞ、、、

そんな時に感じるのが、

胸をブチ抜かれるような、罪悪感

これを、先ほどのずごっくモデルに当てはめると、

2018.1w.08

心的負荷:新しい仕事
心的負担:罪悪感

この違いですね。
この「心的負担」に当てはまる、「罪悪感」を放置しておくのは危険です。
初めは軽い感覚だった事が、日に日に重くなっていく。
それにつられて、頭も悪い方向へ進んで行ってしまう。

自分で自分を追い詰める

一番簡単な対処方法。


すみませんでした


たった、これだけの事。
この一言を言うだけで、心的負担は大きく軽減できる。

そして、心が正常に機能していれば、この「罪悪感」からの切り替えもそれ程難しくはない。

初めての仕事なんだからしょうがない
次は、ちゃんとやろう

新しい仕事に対しても、

慣れていけば大丈夫
もうちょっと効率の良いやり方に変えていこう

こうやって良い方向へ進めていく事ができる。
ところが、やっかいなのは、一度心が折れている

正直、コントロールが難しい時があります。
昔に比べると、必要以上に自分を責めて、心が悪い方向へ進みやすくなっていると感じています。
だから、やっぱりまだ完治したというわけではない。

従って、綱渡り感は否めない

この辺は、時間をかけて慣らしていくしかないなと思っています。

オープンで就職したわたしですら、こんなギリギリ感の中で仕事をしています。
今週から週5日チャレンジが始まっていますが、今月はまだ1日5時間ですから。
そもそもの外からの「心的負荷」も少なくて済んでいる。
同僚も何かと気を遣ってくれている。

これがクローズで就職していた場合、どうなるのか?


明日へつづく・・・


*当ブログに掲載されている、うつに関する記事は、筆者の実体験に基づく体験談です。この為、必ずしもお読み頂く方の、治療、療養を促す事につながるとは限りません。症状にお心当たりのある方、あるいは当ブログの内容により症状悪化の兆候が感じられるという方は、すぐに閲覧を中止し、必ず専門医に相談してください。筆者は医師ではない為、一切の責任を負いかねます。あしからずご理解くださいますよう、よろしくお願いいたします。

*カテゴリーリンク
 ■ 【完結】金策・1億G貯める!
 ■ リアルな身の上話 (以下古い記事順)
  ・ 第一部 厄年とうつ
  ・ 第二部 うつの原因と仕事
  ・ 第三部 実社会と仕事の再構築


おまけ画像:ネタ切れ被害者4人目

2018.1w.93



このページのトップヘ